異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん。いつか鎌倉の老人になる日まで。

筒香にまつわるいくつかの誤解

 ドン底だったわれらがベイスターズをどうにか<普通の>チームに持っていった最大の功労者といってよい筒香。長年の夢であるメジャーリーグ挑戦を果たすも、やはりその道は険しく、戦力外になること二回。もう無理かと思ったところから、まさかの快進撃。これまでプロ野球からチャレンジした選手ではみられないパターンとなった。なにはともあれファンとしてめでたい限りである。
 しかし注目を集める一方、Twitterではいくつかの誤解が生じている。さすが弱小チーム出身者、扱われる情報が少なかったからなあ・・・。ただやはり気になるので、ここで誤解を解いておきたい。

その1.アナウンサーが、「ツツギョー!」と絶叫しているのは発音できないせい?
 普通に考えて、そんなに難しくないですよねえ、tsutsugoの語尾。あれってtsu-tsu-tsu-gio!みたいな発音ですよね?そもそもtsuが一つ多いですよ?

www.youtube.com
 もちろんこれはPhil Collinsの往年のヒット曲からです。
youtu.be
いや当ブログ主も語呂合わせのクォリティが高いとは思っていないですよ。自分の気に入ったネタをゴリ押ししている感が強いし、そもそもネタが古い。案の定、アナウンサー60歳とな(苦笑)
パイレーツ・筒香2戦連発に「ツ、ツ、ツ、ギョー!」名物実況も大興奮!元ネタはフィル・コリンズの名曲― スポニチ Sponichi Annex 野球news.yahoo.co.jp

 まあでもね、発音ができていない、というのは違うでしょう。それはさすがに失礼。

その2.突然の活躍はパイレーツというチームの水が合ったから?
 うん、そういう面がなかったとはいえない。しかし、そんな簡単な話でもない。筒香がマイナー落ちしてから知ったのだが、今はマイナーリーグもリアルタイムで試合の経過が追える。

www.milb.com
 筒香が心配でたまらないファンたちは、OKC Dodgersの筒香出場試合はハラハラしながら見ていた。当初マイナーでも、打撃は上向かず、「これはほんとうにマズいかも」とおそらく皆胸を痛めていたに違いない。ましてやふくらはぎ痛で欠場、もう完全に追い込まれたかに見えたのだ。ところがほどなく復帰すると徐々に成績が向上、そこからパイレーツ移籍に至る。以下の記事にあるように、打撃が改善し、他チームと交渉できるチャンスが生まれたから、ドジャース自由契約になったのだ。そしてチーム事情によっては、他チームとの契約も許すという度量の大きさもあった(もちろんレイズが年俸を負担しているという気楽さはチームにもあったろうが)。筒香自身、活躍後もドジャースに感謝をしている。
column.sp.baseball.findfriends.jp
hochi.news
ということで、ドジャース筒香の再生に大きく関与しているといえそうだ。実際ドジャース筒香獲得をした際には、現在レギュラーであるマックス・マンシーやジャスティン・ターナーを再生した自信があったからだという記事もあった。
news.yahoo.co.jp
 当ブログ主は基本KCロイヤルズとNYメッツを応援しているが、ナショナルリーグ西地区ではなんといってもバスター・ポージーのSFジャイアンツを贔屓にしている。当時から常勝チームであった同地区ライバルのドジャースに何度となく苦汁を舐めさせ、ワールドシリーズ制覇本命といわれていたタイガースを撃破し、5年の間に3度もチャンピオンになった勝負強さに心を奪われたのだ(その中心が強打のキャッチャーのポージーであり、強打のエース(笑)のバムガーナーだ)。なので、本来はアンチドジャースの立ち位置だ。スター選手をジャンジャン獲得するチームは元々好きではない。なにしろホエールズベイスターズファンだ(苦笑)。しかしスター選手をかき集めるだけではない、ドジャースの底力(と度量)を筒香の再生で思い知った。そこは素直に脱帽だ。やはりドジャースは現在のメジャーリーグのコア中のコアとなっているチームといえるだろう。また筒香の最初のチームとなったレイズもタイミングこそ合わなかったものの、筒香のポテンシャルを正しく評価していたし、条件を考慮して(負担を受け入れて)リリースした。メジャーリーグでの評価法の正確さ、そして契約はシビアな一方で、選手の可能性を簡単にはつぶさない姿勢や仕組みがあることに感心した。
その3.筒香は食事に苦しんでいた?
 ほんのわずかといっていい程度だが、日本人選手と日本食、なんてネタがらみで筒香が出てきたりする。これもうーんとなるんだな。筒香はレギュラーになってもドミニカのウィンターリーグに参加したりしていた。

sportiva.shueisha.co.jp
 今から思えば、これもメジャー挑戦が視野に入っていたに違いない。イレーツに入団した頃のインタビューで食事に関してこんな話が出ていた。


 冗談っぽく「ピッツバーグにチポーレはあるの?」「あるならオレは大丈夫」といっている。チポーレ(チポレ、チポトレともいうらしい)は記者のtweetにあるようにメキシカンファーストフードのチェーン。ウィンターリーグ仕入れた情報か、アメリカに行ってからかはわからないが、お気に入りのところ(でどこでも行けそうなところ)をちゃんと見つけているのだ。
tripnote.jp
 なにせメジャーリーグは彼の長年の夢。いろんな機会に情報収集し、準備をしていたはずで、食事も年単位のレベルで覚悟して渡米していると思いますよ。
その4.最近の筒香は大谷と入れ替わっている?
 最大の問題はこれだ。これについては検証ができていない。ただひょっとするとひょっとするのではないかと疑っている。識者の意見を待ちたい <そんなオチか