異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん

2017年11月に読んだ本

変わらず低調・・・。

度々参加させていただいている、kazuouさん主催の怪奇幻想読書会
kimyo.blog50.fc2.com
でウェルズがテーマだったのでこれを機会に積んでいた本含めいろいろウェルズを読んでみた。

『未来を覗く H・G・ウェルズ ディストピアの現代はいつ始まったか』小野俊太郎
 小野俊太郎氏は文芸評論家でSFやホラーなどのテーマも多く手掛けており、以前読んだ『フランケンシュタインの精神史』
funkenstein.hatenablog.com
も非常に面白かった。本書もウェルズの 作品世界を幅広く解析した好著。特に当時の戦争との関連について論じた第4章には蒙を啓かれた。

『神々のようなひとびと』H・G・ウェルズ
 1922年。ふとしたきっかけで別の世界に入り込み、当時の現実世界との対比が行われるというユートピアもの。地球と他の星とを比較するというその後も見られるフォーマットを既に使っているウェルズはやはり早い。文明論的なところは時代のずれもあってか、読みづらかったりピンとこないもころもあるが、中盤のサスペンスなどはなかなかよく書かれている。

『神々の糧』H・G・ウェルズ
 似たようなタイトルだがこちらの方が随分古く1904年。開発された物質で生物が巨大化して騒動になるいかにもパニックSFっぽい前半だが、意外にも後半はそれを摂取した巨人と従来の人類の対立が焦点となる。テクノロジーの暴走とその対処という図式を超えて、人間の変質にまで話が及ぶ視野の広さがさすがである。全然関係ないが、「神々の糧」にラテン語版タイムズという記述があって、ウェルズの頃にはラテン語がそういった幅広いレベルで使用されていたことを知った。

三美スーパースターズ 最後のファンクラブ』パク・ミンギュ
 シミルボンに投稿
shimirubon.jp

『水から水へ』北野勇作
 ユニークな作品と作家そして企画を届けてくれる≪惑星と口笛ブックス≫
dog-and-me.d.dooo.jp
から短篇を販売する<シングルカット>シリーズが登場。インディーズらしく清新な空気を呼びこんでくれるところが嬉しい。
さて『水から水へ』だが、ドメスティックで懐かしいようなちょっと怖いような世界を構築する作者らしい作品で、いろんなイメージが連なっていく感じが心地よかった。最初の「水」、「釜」、「蛇」(想定外のものが出現するところがツボ)が特によかった。ところどころ終末感が漂うところも印象的。

2017年10月に読んだ本

変わらず低調・・・(京都SFフェスティバルに行ったりして読書関係としては楽しかったのだが)。

『泰平ヨンの現場検証』スタニスワフ・レム
 世評高い作品で泰平ヨンの記述の不確かさが導入となっているようなあらすじからメタフィクションっぽさが前面に出ていることを予想していたが、どちらかというと様々な社会像についてレムの思索が爆発したユートピア小説で二つの世界が対比されるところは『所有せざる人々』を想起させる。細部に腹を抱える要素はあるが思索が凄すぎて一読では消化しきれなかったというのが正直なところ。

『火の書』グラビンスキ
 『狂気の巡礼』がよかったので早速読んでみた。煙突を舞台にした怪異譚「白いメガネザル」、呪われた場所に固執する男「火事場」、カルト化する精神病院を扱った「ゲブルたち」(レムの「主の変容病院」を連想させる)、特殊な嗜好性が背景にある「炎の結婚式」、民話風の妖しさが漂う「有毒ガス」など19世紀末生まれ(1887年)とは思えないぐらい現代的なテーマと洗練された技巧の作家でしかもバラエティに富んでいて本書もまた素晴らしかった。全体的に取りつかれた人物の姿が印象に残る作品でもあった。またインタビューでは理知的でかなりの論客であることがわかる。

波津彬子選集 1 鏡花夢幻』
 リアル書店で目にして、鏡花は恥ずかしながらほとんど読んだことがないので漫画なら今後の導入にいいかなと思い読んでみた。日本風土の叙情を西洋的な手法を取り入れて描いていたことというのが発見だった。

猫SF傑作選 猫は宇宙で丸くなる』中村融
 以前にも突然オールディスが出たりSFファンを驚かせてきた竹書房文庫だが、この本の他にも最近ゼラズニイが出たり、<来年にはチャールズ・L・ハーネス The Paradox Men(中村融訳)、ルーシャス・シェパード〈竜のグリオール〉シリーズ短篇集(内田昌之訳)のほか、新作SFの翻訳や復刊企画も進行中です>なんという(特にオールドSFファンに)嬉しいニュースを届けてくれている。さて本書も大変楽しい猫アンソロジー。犬のお株を奪う孤独な男との友情ものダンヴァース「ベンジャミンの治癒」、カーニヴァルのどこか危険な魅力がはまっているスプリンガー「化身」、スタージョンらしいとしかいいようのない妙なドタバタ劇「ヘリックス・ザ・キャット」、未来の少女の日常から壮大なサスペンスへと展開するシュミッツ「チックタックとわたし」、短いがテンポのよい宇宙アクションのノートン「猫の世界は灰色」、様々なイメージに酔いどれの夢が見事に交錯するライバー「影の船」と粒揃い。

アンチクライストの誕生』レオ・ぺルッツ
 初ぺルッツだったが今年No.1の面白本だった。グラビンスキとほぼ同世代(1882年)でこちらも優れて現代的。ストーリーテリングが抜群で、前半とは予想出来ないくらいサスペンスフルになる表題作、ほろ酔い気分で歌に合わせて綴られやがて哀しい「霰弾亭」の長め2作、暗号もの「主よ、われを憐れみたまえ」が特によかった。他に「月は笑う」の怪奇趣味、「ボタンを押すだけで」のユーモア、実在の人物を扱った「夜のない日」のコンパクトな切れ味もいい。ラストの小品「.ある兵士との会話」はバルセロナが舞台になっていて、これまたタイミングがいいというかなんというか。

『透明人間』H・G・ウェルズ
 それなりにメジャーなモチーフでありながらどうしてもバカバカしさが払拭できず、映画化するとB級作品にならざるを得ない透明人間。まあラルフ・エリソン的なメタファーとしてのInvisibleというのはあるのかもしれないが・・・(未読です)。ともかく原点ともいうべき作品。そもそもがさすがにウェルズでもこんなものかというバカバカしさで、小さいスケールで乱暴者が狼藉を働くだけの小説。解説の作品が書かれた背景は興味深かったが。

2017年9月に読んだ本

今月もあんまり読めなかったなあ・・・。

『人形つくり』サーバン
 支配-被支配の関係性が根幹となる2中編からなり、教師や生徒が登場人物など共通点が多い。自然の力を有するような少年の不気味さが印象的な「リングストーンズ」、不穏さが徐々に高まりサスペンスフルな終盤を迎える「人形つくり」それぞれ面白かった。

10月の京都SFフェスティバルに向けてレム強化中。
『主の変容病院・挑発』スタニスワフ・レム
 リアリズム小説、架空書評、科学(風?)論説とバラエティに富むが全体にシリアスなトーン、随所に文明や人類に対する鋭い指摘がみられる。
『天の声』スタニスワフ・レムサンリオSF文庫
 本来は国書刊行会レム・コレクション『天の声・枯草熱』で読もうと思っていたが、持ち運びを優先して共に元々持っていたサンリオSF文庫版で読んでみた。宇宙から送られてきた謎の信号を解読する科学者をめぐる小説で、人間の認識の枠組みを問う(それを人間であるレムが追求するのだから自ずとその困難性が認識される)レムの科学的思考面での究極の作品とも言われている。煎じ詰めると<認識の限界>がテーマなので一般的なカタルシスが得られるような小説ではないが、常人非ざる思考力と幅広い知識を有するレムのこと鋭い指摘が随所にみられる。また語り手の科学者が「なぜ謎に取り組むのか」を自問したり、科学者自身が避けて通れない科学者社会の党派的な動きについても俯瞰的に描かれていることも重要だろう。ともすればこうして視点はフィクションであれば英雄的にあるいは理想化されて描かれてしまったり、看過されてしまいがちだがそこを指摘しているところにレムの凄さが感じられる。
『枯草熱』スタニスワフ・レムサンリオSF文庫
 連続怪死事件を追うミステリで、意外性のある結末を迎える。謎解きは明かせないが、なかなか楽しい作品だ。レムって割合と日常描写が上手いというか庶民的で味があるなあとも思った(序盤のところとか)。
 さて9月16日翻訳家でにレムも訳されている芝田文乃さんをゲストに迎えたSFファン交流会が開かれ、参加してきた。他に牧眞司さん(SF研究家、書評家)、橋本輝幸さん(SFレビュアー)、清水範之さん(編集者)。たっぷりレムの話が聞けて本当に楽しかった。皆さんの深いレム愛に感銘を受けたが、特に芝田さんの、実際にレムにお会いになった時のお話やグラビンスキからの影響関係の話(グラビンスキも訳されている芝田さんだがレムを通じて知ったらしい)が印象的だった。
 
『死都ブリュージュ』G.ローテンバック
 ベルギー奇想の系譜展などでベルギー絵画を観たりしていたらふとこのタイトルがなんとなく想起されたので読んでみた。1892年の作品で、愛する妻に先立たれ悲嘆にくれる男が妻にそっくりな女性と出会うというもの。筋はシンプルで長さも短いが、主人公自らが町と重ね合わされ、水のイメージが全体を覆う仄暗い幻想性が持ち味。当時のモラル意識も興味深い。

『妖樹・あやかしのき』夢枕獏
 久しぶりに夢枕貘を読んでみた。古代インドが舞台で冒険好きで何事にも動じない若き王子アーモンと従者ヴァシダが怪異に出会う物語。アーモンは九十九乱蔵に似てるなと思ったら、キマイラシリーズの原型らしい。タイトル通り異国情緒豊かな植物のイメージが核になっていてやはり安定の面白さ。

2017年8月に読んだ本

もう9月ですか・・・。とりあえず備忘録。

『解放されたフランケンシュタイン』ブライアン・オールディス
 長年の読もうと思っていたが、ようやく読了。ストーリー的に軽いかな?と思ったところも荒俣宏解説ではきちんと解き明かされていてさすが。ただ個人的に『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』とか多少書きとばし気味の作品の方が割と好みかもしれない。オールディス流文学論も割合直接的に登場するのも興味深い。(そうそう、これ8月の初めくらいに読んだんだが、その後19日にオールディスが亡くなった。ニューウェーブSFを代表する作家・評論家で、実作の方はまだまだ未読が多いがその奇想や理論家としての視座には随分影響を受けた。R.I.P.)

『書架の探偵』ジーン・ウルフ
 書架にいる探偵、擬人化された(リクローン)本が探偵として活躍するという笑ってしまう設定がぬけぬけとそのまま本格ミステリとして進行する遊び心が楽しい一冊。近年のウルフは余裕綽々と楽しんで書いている印象がある。細部はいろいろ気になるのはいつもながらだが。

ウィ・アー・ザ・ワールドの呪い』西寺郷太
 『プリンス論』も良かったが、こちらも素晴らしかった。とかく軽んじられがちな80年代メジャーポピュラー音楽シーンをブラックミュージックの視点から精緻に検証し再評価をしていく姿勢には、80年代音楽育ちとして頭が下がる思いだ。ミュージシャンでトークもいける多方面にポテンシャルの高い著者だが、一方本職の音楽評論家たちはいったい何をしているのだろうという感想も出てしまう。

SFマガジン2012年5月号」
 読み切りのみ。
錬金術師(後篇)」パオロ・バチガルピ
(前篇は前月号) トバイアス・S・バッケルのThe Excutionessと同設定のシェアード・ワールドもの。魔術師や錬金術師の登場する異世界ファンタジーもの。しかし絶望的な状況と追い込まれた人物が見せる情念はいつもながら。面白かった。
この号はイアン・マクドナルド特集。
「ソロモン・ガースキーの創世記」不死を手に入れたナノ=エンジニアを主人公とするスケールの大きいSF。まあまあかな。
「掘る」火星を舞台にしたYA向けアンソロジー収録作。テラフォーミングではなく掘削で都市をつくるというアイディアがユニーク。
サイバラバード・デイズ』刊行記念特集だが、いずれもインドものではないのね。北アイルランド居住で英国周縁からの視点を大事にしているとわかるインタビューは良かった。

ある日どこかでリチャード・マシスン
 鮮烈なホラーの印象が強いマシスンだが、本編はタイムトラベルもののファンタジー。オーソドックスなラヴストーリーで基本的な骨格は実にシンプルだが、フィニイを踏襲した19世紀末の風物のディテールと抜群のストーリーテリングで飽きさせない。作品背景が詳細に紹介されている瀬名秀明氏の解説も素晴らしい。

『縮みゆく男』リチャード・マシスン
 これまたシンプルなアイディアをサスペンスフルに描くことができるマシスンの手腕が発揮された一編。なにしろタイトルで既に出オチみたいな話をカットバックの手法で(発表後60年経っても現代のスピード感覚で読んでいくことができるのだから。町山氏の解説のように豊かだったはずの50年代アメリカ家庭の父親が実存的不安にさらされているというのは納得だが、現代の眼でみると主人公は悲劇的な運命をたどるもののむしろつまらないプライドにこだわる自己中心的な人物だという印象で皮肉なコメディとしても読める。終盤の展開にはまた異なる面があるもののそこはバランスをとったということなのではないかと思われる(3つの解説にあるような文学的考察には正直違和感を覚える。基本的にマシスンは高い技量を持つエンターテインメント作家で理屈抜きに楽しめるところに最大の魅力があり、シリアスにも受け取れる面があるとしてもそれは結果的なものではないかと思う)。発表時期は異なるが「ある日どこかで」での真摯な主人公との描きわけにも作家としての幅の広さを感じさせる。

『トリフィドの日』ジョン・ウィンダム
 放射能の影響といういかにも時代を感じさせる内容たが、淡々と終末を迎える世界の状況を描くあたり英国SFらしい伝統が見られる。ただ破滅する世界の描写、主人公の心象風景などバラード的な終末感とは明らかに違いがあり、危機的な世界を特権的な立場の主人公が傍観者としてシミュレーションしているようなSFジャンルの長年の構造上の欠陥が本作にも現れている。

2017年7月に読んだ本

『黒檀』カプシチンスキ
 長期間に渡りまた非常に広範囲に及ぶアフリカのルポルタージュ集。危険をおかすことも厭わず外からの視点を超え現地に踏み込み記録し得ぬものを記録しようとする情熱と筆力がすごい。残した作品が世界各地にも広がっていたことにも驚かされた。他の著作も気になるが果たして時間があるか・・・。

『所有せざる人々』アーシュラ・K・ル・グィン
 これまたようやく初読。文明化され過剰な欲望を有する(そして女性差別的な、我々が現在住んでいる世の中が象徴された)世界と文明的には遅れているが平等だが抑制的なところも強い世界とが対照化され描かれる。ル・グィンの堅実で精緻な筆にはいわゆる高揚感をあおるようなダイナミックなSFアイディアの面白さを期待する読者には静か過ぎるようにも思えるかもしれないが、描かれる世界は発表されてから時間を経てなお立体的で現在に通じる身近な問題として感じられる。特に科学者の両義性を描いた部分が今日的で重要な視点だろう。

中村とうよう 音楽評論家の時代』田中勝則
 中村とうようの持ち味が特徴だった80年のミュージックマガジンを愛読していた身には、詳細かつネガティヴな側面も触れらている丁寧な評伝で興味深かった。中村とうようはその批評した音楽の幅や世界の音楽をそれまでの印象批評や民族音楽の学術研究とも異なる新たな視点でとらえた功績の半面で極端な物言いでトラブルも絶えなかった毀誉褒貶の激しい人物として知られていたが、間違いなく戦後のポピュラー音楽の聴き手(時にプロデューサーとして送り手でもあったが)文化を代表する人物でそれを「音楽評論家の時代」としてとらえたのが本書の肝であろう。丹念な取材に基づき、相当昔の時代に中村とうようへ影響を及ぼした先駆者たちにもスポットライトを当て、狭いジャンルの王様として君臨するのを拒否した中村とうようのキャリアを尊重ししっかりとネガティヴな面も描き出しているところに著者の自負が感じ取れる。ポピュラー音楽というある一つの世界に全てをかけた人物の生涯の記録として読むこともできる。面白かった。

タイタンの妖女カート・ヴォネガット・ジュニア
 全米一の大富豪マラカイ・コンスタントが時空を操るウィンストン・ナイルズ・ラムファードにより宇宙スケールで数奇な旅をする話。ユーモアに包まれているが基本的には戦争など苦痛に満ちた運命と個人の内面をめぐって、人間はいかに生きるかがテーマで全体にヘヴィな内容だ。ワイルドスクリーンバロックのバカバカしさは痛快さは良い悪いは別として微塵も感じられない。オールディスはいったい何をいいたかったのだろう(笑)。個人的にはラムファード夫妻とコンスタントの不思議な関係が気になる。

『ヒドゥン・オーサーズ』(惑星と口笛ブックス)
 西崎憲さんによる電気書籍のアンソロジー。型にとらわれないユニークな作家が並んで普段読めないような小説ばかりで刺激的だった。斎藤見咲子、ノリ・ケンゾウ、若草のみち、伴名練、杉山モナミ、深沢レナ、(相変わらずの言語感覚の)深堀骨が印象に残った。巻末の個性的なプロフィールも読みどころだ。

マルコ・ポーロの見えない都市』イタロ・カルヴィーノ
 これまた世評高い本だが初読。短い章が沢山並び、基本的にはある都市についてマルコ・ポーロが語るパートとフピライ汗がやり取りをするパートの2つで構成されている。前者は「都市と〜」という見出しがついていて同じ見出しの情報は前から番号がつけららている。ランダムについているかと思いきや番号の方に一定の法則性があり幾何学的な構成になっている。同じ見出しのを取り出して順番に読むとまた印象が変わるのかもしれない。SF・幻想文学好きとしては「都市と死者」が特に面白かった。

『異世界の書』ウンベルト・エーコ
 一種の図鑑といえるような本でちびちびと一年間くらいかけて読了。各種テーマ別の異世界を章毎に美しい図録とさすがの豊富な知識で紹介した、著者のまさしく博覧強記が存分に発揮された一冊。人間の想像力の豊かさよりも奇妙さの方が印象に残る。なかなかのお値打ち本だがこれが書棚にあると気分が上がるのよね(笑)。

ラヴクラフト全集 3』
ラヴクラフト全集 4』H・P・ラヴクラフト
 サイト<奇妙な世界の片隅で>のkazuouさん主催の読書会のテーマがラヴクラフトということでその準備として、休みもあったので3、4と続けて読んでみた。読んでみて、いわゆる科学に対する意識が割と強い作家だなあという印象が強まった。ある登場人物がなんらかの謎に疑問を持ち、恐ろしい秘密が明らかになる。定型的、ワンパターンといわれがちなラヴクラフトだが、薬物、忌まわしい因縁の館、都市の遺跡、解読不能の書物、自らが自らでは無くなる不安、新しいテクノロジーなど様々な題材を使っていることに気づく。
 「家のなかの絵」(3)「故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実」(4)では海外の事物、「潜み棲む恐怖」(3)や「眠りの壁の彼方」(4)では見捨てられた貧しい者たちといった題材には作者の生活圏外の未知なるものへの恐れが読み取れる(差別者であることをこちらが意識してしまうからかもしれないいが)。SFファンにも人気があるのは新しいテクノロジーへの興味があるところで(それこそ『フランケンシュタイン』からの伝統だろう)、「時間からの影」(3)「宇宙からの色」(4)「故アーサー・ジャーミンとその家系に関する事実」(4)「冷気」(4)「狂気の山脈にて」(4)などにそのセンスが出ている。特によかったのは3では人間ではないものに変化する側の視点で描かれた「アウトサイダー」、時空間に関する科学的視点からスケールの大きな凶々しい宇宙史が展開される作者らしい傑作「時間からの影」、4では疑似科学的な歪んだ理論が印象的な『宇宙の色」、読書会でも人気だったどことなくユーモラスな「冷気」(この時代にもう冷房があった驚き!)、話運びがスムースではないため少々読みにくいが南極+怪物+これまた異様な疑似科学描写+壮大で暗黒な宇宙史とぶっ飛びぶりが凄い「狂気の山脈にて」あたり。まだ十分に読めていない作家なので雑感だが、(必ずしもアカデミックではないが)好奇心旺盛でいろんな知識を持っていた人物だがそれが虚構とはいえどれも恐怖に結びついていくという感性のひずみ具合にどことなくフィリップ・K・ディックと共通するものが感じられる。また現代科学の黎明期に登場したフィクションということでコナン・ドイルによるミステリ、H・G・ウェルズによるSFと同根なのではないかと思わせるところもあり、この辺の時代はやはり興味深い。一方読書会では怪奇幻想文学の系譜としてのラヴクラフトについての言及があり、ダンセイニ・マッケン・ブラックウッド・ホジスンといった作家ももっと読まなくてはと思った。
 それからふと「SFの本」にラヴクラフトの記事が載っていたなあと思い出し調べてみたら6号で倉阪鬼一郎氏の「原形質への招待 H・P・ラヴクラフトとは誰か」というキャリアや代表作をコンパクトにまとめSFの影響についても言及された評論で非常に面白かった(ちゃんと読むのが随分遅れたがw)。

アルチンボルド展(@国立西洋美術館)に行ってきた

アルチンボルド展 公式サイト

 いろいろな物を重ねてつくった肖像画で子どもの頃から親しんでいた<寄せ絵>で有名なアルチンボルド
 実際に観られてほんとうにうれしい。人工物を使った寄せ絵はキュービズムの先駆といった感じがあったが、寄せ絵はもっと前からあったことや、静物画の開祖でもあったことや、宮廷画家だっただけでなく祝祭でも重要や役割を担っていたことなど面白かった。

2017年6月に読んだ本

『狂気の巡礼』ステファン・グラビンスキ
 科学的な比喩や考察がところどころにあるのがいい。オカルト風ミステリ「チェラヴァの問題」、時間SF風味の「サトゥルニン・セクトル」、ネイティヴ・アメリカンを題材にとった「煙の集落」など物語性の強い後半パートの「狂気の巡礼」の方が趣味に合う。

『永久戦争』P・K・ディック
 新潮文庫で出ている3冊あるディック短編集の一つ。「ジョンの世界」は名作「変種第二号」と内容が重なる部分が多いが、タイムトラベルなど後者よりバラエティに富んだアイディアが多く盛り込まれていたのが印象深い。サスペンスフルな「歴戦の勇士」も良かった。

『戦時生活』ルーシャス・シェパード
 南米を舞台にしたマジックリアリズム風ポリティカルSFといった感じか。骨組みはラヴ・ストーリーをコアにしたロードノヴェルで、必ずしもタイトルから推測されるようなヘヴィな戦争ものではなく、割とすいすい読める。当時だと気にならなかったかもしれないが、今から思うとやや男性視点が目立つかなあ。実は野球小説の要素もあるが、主人公はヤンキースファンでメッツファンとしては宗旨が合わない感じだ(笑)

『夫のちんぽが入らない』こだま
 読む前に想像していた内容とは随分異なっており。予想を超える壮絶な世界が展開され一気に読了。やるせない出来事が次々に起こる様子をそこはかとなく漂うユーモアでちょっと距離感を保って描く筆致が素晴らしい。

『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介
 中央アジアの架空の小国を舞台に内戦状態で男たちが逃げだしたために後宮の少女たちが国を治めるというライトノベル風の設定だが硬軟取り混ぜたあらゆる要素が巧みに組み合わされ、虚構の利点が生かされた現代的な傑作だった。劇中劇が重要な場面で効いてくるところが特に好み。

『ニガー・ヘヴン』カールヴァン・ヴェクテン
 1926年の作品で、解説によると「人種の議論と黒人文化をめぐる問題意識が先鋭化されつつあったハーレム・ルネッサンス絶頂期」にあたるらしい(ググったところニューヨークのハーレムという地域自体は1600年ごろからあり、1904年の地下鉄開通から建設ラッシュで多くの人々が住むようになり価格の低下から1920年辺りには黒人のハーレムが形成されたという流れのようだ)。現在ではタイトル自体読み上げるもの憚られるが、著者が白人であったことに加えて黒人文化に詳しいものの内容的に同情的とはいえない描写がたびたび登場することから当時もかなり物議を醸したようだ。ただアウトサイダーから見た冷たい切り口が黒人の中にある意識の違いを描写することに成功している感もあり、貴重な記録である側面は否定できない。ちなみに全体としては割とシンプルなロマンス小説である。