異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん。いつか鎌倉の老人になる日まで。

筒香について

そうそう、筒香についても書いておくか。

大方の風説通り、レイズ以後のメジャー契約はほぼないと思っていた。

ところがまさかDodgersが救い主になろうとは。

いまだにホームランは出ず、安打も少なく、厳しい状況なんだろうが、表情は明るく、今日はタイムリーも出た。

ナリーグ西地区では2010年代前半のPosey・Bumgarnerを中心とし、たびたびKershawのDodgersを悲嘆に叩き込んだ勝負強いSF Giantsを近年は贔屓にしてきた。

しかし最近MLBの歴史を振り返るに、球団拡充計画で1958年に共にNYから移転したDodgersとGiantsではあっても、西海岸の主役はあくまでも華やかなスター選手と歴史を誇ってきたDodgersだろう(そしてあくまでも野球のコアたる土地はNYであるとの印象を強く持つようになった)。

そんなDodgersにBaystars闇の時代に区切りをつけた最大の功労選手筒香が参加。

人気球団嫌い、脇道大好き人間の当ブログ主もDodgersに肩入れせざるを得まい。

幸か不幸か、今年のGiantsはベテランが好調なだけで、最後まで勝ち抜く力は無さそう。

大好きなPoseyの健闘を願いつつ、筒香の復活と良いキャリアの達成を祈ることとしよう。

SF Giants贔屓のもう一つの理由は球場だ。

海がすぐそこにあるOracle Park。

海に飛び込むホームランはSplash Hitと呼ばれ、ボートでファンが待ち受ける光景もお馴染みだ。

MLB屈指の美しい球場である。

そんなOracle Parkで筒香がタイムリーを放った。

一時は絶望しかけた状況からだけに、ファンとしては感激で言葉もない。

www.mlb.com

 

願わくばSplash Hitを次には是非とも。