異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん

映画『ゼロ・グラビティ』

 話題の映画‛ゼロ・グラビティ’をIMAX 3Dで観てきた。
 宇宙空間で船外作業中の宇宙飛行士たちに突然アクシデントにみまわれる。ロシアの人工衛星が故障し大破しその破片が大挙して襲来してくるという知らせを受けたのだ(どうやらスパイ衛星だったらしくミサイルで破壊されてしまったらしい)。ほどなく地球との連絡は途絶え、目視と限られたエネルギーと酸素で生き残らなくてはいけない羽目に陥る。
 空想科学ではないから、正確にはSF映画ではないかもね。ただ特殊効果が中心だからまあSF映画でもいいだろう。91分と近年のメジャー映画としては短く、話はシンプルでその分徹頭徹尾サスペンスで押しまくる。ここまで無重力状態のアクションをリアルに描いた作品は無いだろうね。映像を違和感なく見せる自信がすごいなあ。スターウォーズ以来特殊効果の高揚感には大変ヨワく、こういうのは新しいオモチャを与えられた子どものように無邪気に楽しんでしまうなー。映像の新鮮度では‘アバター’の時より上な印象。多少人間ドラマ的にクサいところもあったけど、基本的にジョージ・クルーニーサンドラ・ブロックは好きな俳優なのこともあり(サンドラ・ブロックは美人とは思わないけど、ゴツさがコメディとかで生きるんだよね)、いい映画だったよ。