読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん

SFマガジン2014年 11月号<30年目のサイバーパンク>

読書(海外SF) 読書(SFマガジン)

 ちょっと読書意欲が下がっており、リハビリを兼ねて雑誌短篇を読んでみた。

特集”30年目のサーバーパンク”の短篇だけ読んでの感想。
「パパの楽園」ウォルター・ジョン・ウィリアムズ
 有名な作家だが読むのはじめてかも。両親・妹と引っ越したジェイミーたちを待ち受けていたのは夢のようなお伽の国だった。王道の展開だがテンポよく進み楽しめた。
「水」ラメズ・ナム
 常に広告の入り込む未来社会というのは昔からがアイディアだが現代ならではの意匠で描かれている。
「戦争3.01」キース・ブルック
 あっという間に戦争がはじまって終わる世界。

 割とライトな感じの三篇だったかな。本号に載っている巽孝之氏のエッセイにギブスン廃物芸術や廃墟に関心があり、それがハイテクばかりではない未来像を形成するようになったという内容があったが、上記3作品はそうした廃墟趣味という点は多少欠いていて残念。