異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん。いつか鎌倉の老人になる日まで。

2021年3月に読んだ本

相変わらず低調ですなあ。
1984年に生まれて』郝景芳
 一人称で著者自身を連想させるタイトルながら、語り手の軽雲は(多彩なキャリアの著書とは違い)より平凡な人物として設定されているなど、あくまで<自伝体小説>。様々な手法がとられ、著者の文学的センスが色濃く現れ、変革の大きな時代の中国を切り取る。これまでの作者の作品とは違ったテイストで、それを含め面白かった。
『調子悪くてあたりまえ 近田春夫自伝』近田春夫
 シミルボンに投稿しました。

 
シミルボン