読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん

Live Wire <SF既知外空間(アンノウンスペース)#2 ゲスト・丸屋九兵衛>参加してきた

丸屋九兵衛 ポピュラー音楽 音楽(ロックなど)

ディープなSFトークイベントを仕掛けるLive Wire、気鋭のサックスプレイヤーかつSFやアニメにも造詣の深い吉田隆一さんが丸屋九兵衛さんを迎える企画。副題に
“『丸屋九兵衛が選ぶ、ジョージ・クリントンとPファンク軍団の決めゼリフ』発売記念 SFコンセプトアルバム大進撃 Pファンクvsサン・ラ”(タイトル長っ!)
ということで、これは見逃せないということで参加してきた。
案の定というか期待通りというか多方面に話が目まぐるしく行き来するトークになり最高だった。ということでとてもまとめられないので出た話題の羅列。※印がブログ主の感想。(P-funk系の話題はこれまでのブログと重なるところがあり、あえて少なめにまとめ。備忘録なので悪しからず)
〇少女漫画 丸屋氏によると成田美名子『Cipher』には80年代ブラックミュージックに著者がハマっていく過程が現れていて注目だとか(※追記 さらに加速していたのが『ALEXANDRITE』らしい。1/25 dommuneから)フィッシュボーンっぽいバンドまで出てくるらしい。(※他にもすごく盛り上がったがいかんせんブログ主が予備知識に欠ける分野なので)
○戦闘機 『謎の円盤UFO』における連続ミサイル攻撃の不可能性についての熱いディスカッション(※すいませんここも詳しくないのでこんな表現で)。他マクロスの話題も。
〇UFO P-funk的にはUniversal Funk Object。吉田さんによる福島の<UFOふれあい館>の紹介(笑)
〇ヒロイックファンタジー愛 お二方とも『エルリック』大好き。今後ムアコックエルリック特集のトークの可能性への期待も高まる。
〇ハッパ 常に吸っていたくて煙を充満させたいSnoop vs 成分を少しも漏らしたくないため特性ガスマスク(?)をしながら吸っていた人(※ヤバいのでこんな表現で許してください(笑)
〇ブラックミュージック 
 ・マイルス・デイヴィスがそれまで否定していたオーネット・コールマンを評価して作られたのが『On the Corner』(知らなかった)。
エヴァンゲリオンの猫背とマイルス・デイビス並み(笑)
デューク・エリントンの「Black and Tan Fantasy」はより肌の色が薄い黒人を望ましいとする<白い黒人>指向への諷刺作品。(デューク・エリントンもしっかり聴いてみたいんだがどっから手をつけていいか分からないんだよなー。少しずつ聴いていみよう)
 ・ブーツィーのラドン映像入りの「Party on Plastic」を皆で観た。(※これは夢が実現した感あり。個人的には今回のハイライト)
 ・パーラメント「Funkentelechy」のPeck me lightly like a woodpecker with a headache(頭痛持ちのキツツキみたいに軽く俺をつついてみろよ)はエリック・サティ「歯の痛いナイチンゲール」から?(※ジョージ・クリントンの歌詞はあらゆるところから引っ張ってきている感じが凄いな)
 ・ポピュラー文化翻訳での英語力の乏しさについて(具体名あり)。丸屋さんによると英語力に加え幅広い文化的知識やジョークへの理解力いずれも必要とのことだ。
○声に出したい言葉 マハビシュヌ・オーケストラ!デオキシリボ核酸!(などなど)

 お二人とも初めての対談とのことで、多少探り合う部分もあったようだが、コート一面隅々まで使ってラリーするトップレベルのテニスプレイヤーのようで、どんな球も鮮やかに打ち返していた。懇親会にも参加して、楽しいお話を聞かせていただいて最高であった。またお二人の顔合わせに大いに期待したい。