読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん

2016年11月に読んだ本

SFマガジン2016年 12月号』 短篇など読んでみたので。
ケン・リュウ「シミュラクラ」面白かったが、人の姿を写し取るとかそれに一定の時間を要するところとか家族の話になってるところなど、この間観た「ダゲレオタイプの女」と不思議に重なる。偶然なのだが、写し取ることを執拗に突き詰める人物はどこか共通している気もする
雲南省スー族におけるVR技術の使用例」柴田勝家 この作家の作品を初めて読んだが、非常に面白かった。VRを介してしか現実と接しない種族というアイディアが素晴らしい。
「キャラクター選択」ヒュー・ハウイー ゲームを行う育休中の母親という場面から始まる。ゲームをやらない自分にはいきなりリアリティがないんだよなー(笑) 話も普通。
「ノーレゾ」ジェフ・ヌーン 作者がTwitterで書いている掌編の流れにあるタイプの散文詩っぽい作品。そのTwitterのやつも比較的イメージがはっきりしていて好きなんだけど、これもそういう言葉遊びの延長のテイストで割と好き。細部はよくわからないが。
「あなたの代わりはいない」ニック・ウェルヴェン VRの設定を使って南北戦争時代のニューオリンズを舞台にした作品。まあまあだが、センス的にはこれから期待したいタイプ。
「航空宇宙軍戦略爆撃隊(前)」谷甲州 本筋と全く関係ないが軍人の論文というところがなるほど。
「最強人間は機嫌が悪い」上遠野浩平 最近の上遠野浩平はこんな感じなのか。超能力者ものの系譜になるのかな。
「八尺様サバイバル」宮澤伊織 和風の異界ものでなんとなく電脳コイルを連続させる。4次元とかそういうのは未来人や宇宙人と結びついていたのが第一世代のセンスだったなあとか思ったり。遠野物語がモチーフになっているようだ。
コンテスト抜粋
「ヒュレーの海」黒石迩守
「世界の終わりの壁際で」吉田エン
前者はサイバーパンク風、後者はゲーム小説風なタッチだが、描いてるのはVRっぽいというか割と似ている気がする。まだなんとも。

怪奇小説傑作集1』 新旧しかも幅広いジャンルを網羅する素晴らしい怪奇幻想小説サイト<奇妙な世界の片隅で>のkazuouさんが主催する読書会が先日スタート。参加させていただいて大変楽しかった(会の感想はそのうちブログにアップしたいのだが、時間がなかなか・・・)。で、とりえあず怪奇小説の名作を読まなくてはとなった。こちら2015年の豊崎由美さんと西崎憲さんのイベントで出てきた名作がこの傑作集1に多く登場する。科学とオカルトの狭間のような怪しげな理屈が出てくると部分が好みで(SFファンだからかもしれない)、「幽霊屋敷」や「緑茶」のそういった下りが特に楽しい。あと短めの名作「猿の手」「炎天」などには落語っぽいユーモアも感じられる(語り物にルーツがあるからかもしれない)。

『方舟』しりあがり寿 kazuouさんからいただいてしまった(笑)雨が降り続いて終末が訪れた世界が淡々と描かれる。面白かった。

『ひとめあなたに・・・・・』新井素子 シンプルな破滅ものだということもあるが、文体などほとんど古びていないのですんなり読める。オムニバス長編のような内容で中には結構強烈なエピソードがあったり記憶のフラッシュバックの表現も巧み。執筆時20歳とは驚かされる。鎌倉が登場するものの、さほど描写に重きは置かれておらずローカルSF的な期待は満たされなかった(笑)。

『廃墟の歌声』ジェラルド・カーシュ これも長らく積んでいた一冊。仮死状態で生まれ、長ずるとレスラーなど様々な仕事を転々とし武闘派で体は傷だらけだったという伝説的な人物像もファンを惹きつけてやまない作者はロンドン近郊の生まれのようだが、東欧やウェールズといったいわゆるヨーロッパの中心ではない地域や言語などが題材になったり表舞台から外れた登場人物が扱われるところに特有の雰囲気があり、大きな魅力となっていると思う。

『HERE ヒア』リチャード・マグワイア 固定した視点で(基本的には長く存在した家の一室をとらえている)時間の推移と人間の営みなどを描くグラフィック・ノヴェル。などと書いたのは、時間スケールは地球の黎明期から遥かな未来まで気の遠くなるようなスケールに及び人間の視点すら超えているからである。また様々な時間が混在し、断片的なスケッチに見える一枚一枚が複雑なストーリーの絡み合いを背景に持っていることがわかってくるのだ。いやーこれは凄い手法だ(表紙のようにタッチがエドワード・ホッパーを思わせるのも好み)。さらに驚かされたのはこの作者Liquid LiquidのベーシストつまりGrandmaster FlashがWhite Linesでサンプリングしたのあのベースの演奏者だということだ。いちおうあげとく。まずはWhite Lines(映像はかなり荒いが)。
www.youtube.com
元ネタLiquid Liquid "Cavern"(赤いTシャツのベーシストが若かりし頃のリチャード・マグワイアのはず)。
www.youtube.com
White LinesはHiphop史を彩る初期の名曲でスタート時点にリチャード・マグワイアが足跡を残しているのは、その後のHiphopの隆盛を思うとこれは偉業といっても過言とは思えない。『HERE』の方もコミック/グラフィック・ノヴェルの世界では衝撃をもって迎えられているようで、ポピュラー音楽とコミックのいずれの世界で革新的な仕事をした稀有な才人といえるだろう。面白く思えるのはこうしたグラフィック・ノヴェルではこの『HERE』系列の作品を残すのみで、音楽の方でも実験的なグループだったこともあり、この"Cavern"が群を抜いて有名だろうし、双方のジャンルで偉大なる一発をぶち上げた人であることだ。おそらく表現というものの本質的なツボをつく感覚を持ち合わせているのだろうが、数多くそうした一発を放てるわけではないということか。非常に興味深い天才である。

『ザ・ベスト・オブ・ジョン・コリア』ジョン・コリア ちくま文庫のものでサンリオSF文庫の『ジョン・コリア奇談集Ⅰ・Ⅱ』から選び直したもののようだ。割と現代的で読みやすい作品が多い印象を受けた。訳者のあとがきでブラック・ユーモアと書いて即座に否定しているように、たしかにちょっと違って例えば意地の悪い感じはさほどない。よく全く人間と変わらない動物が出てきたりして戯画化の要素が強くどこか現実離れしている。もちろんほのぼのするようなユーモアとは程遠く主人公たちにかなりひどいことが起きる。あとがきで「ゾッとするような物すごいことを書いてもユーモラスだし、ユーモラスなことを書いてもゾッとするほど物すごい」という評の言葉が引用されているがこれはなるほどそんな感じもする。また、かなり偏った思考の人物が登場することが多い。その点も合わせ妄念にとらわれたオタク的人物が戯画化されて描かれていることで、現代の表現に相通ずるものががあるように思われる。傑作選であることもあるが、楽しめる作品が多かったのはそのせいかもしれない。