読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異色もん。

ドラえもん、もやしもん、くまもんに続く第四のもん

『ロボット刑事』全2巻 石ノ森章太郎

ロボット刑事 (1) (中公文庫―コミック版)

ロボット刑事 (2) (中公文庫―コミック版)


科学捜査が大嫌いな古株刑事の芝は特捜班としてロボット刑事Kと組まされるはめになる。当初はKを毛嫌いしていた芝だが、渋々ながらその実力を認めざるを得なくなる。やがて次々に訪れる殺人ロボットとKの間に人類の安全をおびやかす大きな謎が・・・。


 TVドラマにもなった人気作品だが、原作もドラマも内容は知らず予備知識無く読んだ。予想以上にハードな渋いSFミステリ。ストーリーも面白いが何より絵の持つ力が素晴らしく、ストーリー展開とマッチした俯瞰・近接の鮮やかなシーンにダイナミックなアクションと息をつかせない。コマ割りのシャープな切れ味も凄い。圧倒されるねー(今更でスンマセン)。特に後半に出てきた古い潜水服タイプのロボットに燃える。いやさすが分かってらっしゃる!
ロボコップが登場した時の口惜しさを語る後書きがちょっとキュート(笑)